大人仮性近視、ほんとうにそんな人いるの?

青空

大人にも起こり得る『仮性近視』

子供に多く見られるという『仮性近視』は、仮性の名の通り本当の近視とは違い、
目の調節によって一時的に近視のような症状が起こる現象をいいます。

しかし、仮性近視といってもそのまま放置していると、やがて本当の近視に
進行する場合もあるので、しっかり眼科で診察を受けることが必要です。

子供特有の症状といわれている近視ですが、大人でも十分起こり得る症状なのです。
この近視は、目のピントを調整する筋肉である「眼球網様体筋」が緊張を起こし、
元に戻らなくなることで起こります。

仮性近視になる原因として、読書や近年では仕事でパソコンの画面を、
長時間にわたって見続けることにより、目が疲れて引き起こされます。
よって、子供や大人は関係無く起こる症状です。

しかしこの近視は、目の疲れが回復してくると目の調節機能も回復してくるので
治ってきます。仮性近視だから大丈夫と放置すると近視は進んでしまいます。
近視になってしまうと、落ちてしまった視力はなかなか回復することは難しくなります。

この症状であれば、まだ視力回復は見込みがあるので、きちんと眼科で診察を受け、
自宅でも目の調整機能を回復させる努力をしましょう。

仕事中であれば、1分程度目を閉じて休ませるだけでも効果はあります。
また、自宅では部屋を明るくして、薄暗い部屋では読書はしないようにし、
長時間のテレビやパソコンは控えるようにしましょう。

仮性近視は、その日の体調によっても左右されますので、疲れをなるべく翌日に
持ち越さないことも大切です。